So-net無料ブログ作成
検索選択

マナーって [ま行]

ネタばれとかね。

テレビは地方差による放送時差を一週間だけ考慮すれば、一斉放送なので内容を話しちゃっても平気なわけです。
映画ってお金を払ってわざわざ見に行くものだし、公開期間に幅があるし、レンタル待ちも圧倒的に居るわけだし、映画を語るのにネタばれしないのはいらぬ神経使います。伏せ字とか、「以下ネタバレ」とか、見るか見ないか心穏やかじゃなくなりませんか。

私が人にネタばれしちゃった映画は数知れず、見た映画を布教していると熱が入って喋っちまいます。
それでね、その親友は主人公の……『ビューティフル・マインド』
この、旅する小人の置物の写真は実は……『アメリ』
とすると、お父さんは海の中?……『パイレーツ・オヴ・カリビアン』
てな感じで、ほんと、危険危険。

いっぽう私も『自転車泥棒』をビデオで見ようと思っていた矢先に、
「あーあれ、お○○さんが犯人なんだよね」
と。
私が責めると、
いや、名作だから。犯人がわかってどうこうっていう映画じゃないから。犯人知ってても楽しめるから。だから名作だから。

と、もっともらしく言い逃れられたのでしたが、犯人を知らずに見たほうがきっともっと楽しめますよ。



トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。