So-net無料ブログ作成
検索選択

エヴァ化 [あ行]

ギルティクラウン#10のエヴァ化がすさまじい。
当初から、桜満集=シンジ君、いのり=綾波レイ、っていう図式はあったけど、
設定と世界観と周囲をとりまく人間関係がしっかりと異なっていたので、良かったんだが。
疾走感があって見ごたえがあった。
が、ここに来て失速……もう、これただのエヴァじゃないの……。
これで恙神涯が倒れて最前線から離脱しようものなら、
もう本当に何から何までエヴァとシンジ君の焼き直しだよ……。
(んでもって本物のエヴァのシンジ君は、リメイクの映画版でキャラが変わっちゃって、
それはそれで、がっかり感があった。本家本元が、へたれじゃなくなってどうすんの。)

欲を言うと、物語というのは予想の斜め上をいってほしい。
ギルティクラウンは、このところきっちり予想通りに運んでその枠を出てくれない。

出番が少ない敵キャラのダリルの表情が毎回豊かなので、
今後も見続けるが。彼は自分の負の感情を一ミリも隠そうとしないので、
そこんとこが愉快だから。

デスノートを読んでいたとき、Lが死んで失速したなあと思いながらも、
憎々しげな表情がまっこと豊かなメロが楽しみで、読み続けていた。そんな感じ。
ダリルの立ち居地は、非常にメロっぽい。

追記
#14まで見終えたかんじだと、ギルティクラウンって「ギアスのテンプレ」でも「エヴァ化」でもなく、
もとからグレンラガンだったんじゃないのか、ひょっとして?
涯がこの時点で本当に消えちゃったとなるとだ。
涯が二大主人公だと……ギアスでいう、スザクかルルーシュかくらいなつもりで見ていたので、
拍子抜けしちゃったけど、

涯≒カミナ(アニキ)、
集≒シモン+ロシウ、
いのり≒ニア、
綾瀬≒ヨーコ、

っていう気がしてきた。

グレンラガンを踏襲してるとなると、
ダリルは、間違いなくヴィラルだ。
となると、ダリルが味方に転んでくるのは、きっともう間違いないな。うん。
トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。