So-net無料ブログ作成
検索選択

逆行性読書家 [か行]

すこし前に、『黒猫ギムナジウム』大好きです、とメッセをいただきました。
嬉しかった。

今、第2回アガサ・クリスティー賞受賞作『カンパニュラの銀翼』が刊行されたばかりで、
『カンパニュラの銀翼』絶賛売り出し中なのですが、
私は自分の作品に思い入れが深いのか、過去の作品がいつまでたっても過去にはならない。
作品はずっと自分の内で息づいたまま。とくに黒猫ギムナジウムは、続編があらかた脳内でしあがっているので(・・・・・・まだ文字には一文字もしていないのですが)
続きを読みたいとおっしゃってもらえるのは大変うれしい。
近々はむずかしいですが、いつか必ず実現させられたら、と思っています。
どうぞ気長にお待ちいただければ幸いです!

先週、第2回アガサ・クリスティー賞贈賞式がありました。
そこでも、中央○論新社のかたが
『カンパニュラの銀翼』は未読ですが『黒猫ギムナジウム』が大変面白かった、
とおっしゃってくださって、これまた意外で嬉しい驚きでした。

ですが『カンパニュラの銀翼』が受賞した贈賞式、『カンパニュラの銀翼』全面推しの空間で、
私は思わずあわてて「じゃあカンパニュラの銀翼も読んでください!」と、かぶせてしまった。
デビュー作で日本SF新人賞受賞作の『黒十字サナトリウム』は、『カンパニュラの銀翼』の引き合いに出されることは多くとも、みな『黒猫ギムナジウム』は素通りなので、実は、すごく有難かった。

デビュー作の『黒十字サナトリウム』のときから、無名な私の作品を読んでくださって、
『黒猫ギムナジウム』や、今回の受賞作『カンパニュラの銀翼』までついてきてくださった皆さんには、本当に支えられている気がします。

と同時に、今回『カンパニュラの銀翼』で私の作品にふれた方が、
『黒猫ギムナジウム』とか『黒十字サナトリウム』も読んでみよう、
と作品を遡って発掘してくださるのも、同じくらい嬉しいのを知った。
新しい作品を出すのは、むろん新作を皆さんに読んでもらいたい一心からなのですが、
既出の作品を埋もれさせないためにも実は必要だったのだな、と最近痛感しました。
トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。