So-net無料ブログ作成
検索選択

別腹 [は行]

忙しくとも寒くともエヴァは別腹だよ

と言い合って、新劇場版ヱヴァンゲリヲン・Qを友人と月曜日に見に行きました。
留学時代、夏休みに帰国したとき、その友人からエヴァを深く熱く布教してもらったのが、
もう14年ほども前になるんだなあ。
さすがに土日の混みようは厳しいので平日に時間を工面。
のど飴なめた上にマスクして、放映観覧中、絶対に咳きこまぬよう装備して参戦。

都内で、整理券がないと入れない状態とはいえ、朝から並ばなくとも平気です。
上映がはじまって10分過ぎくらいのとき、チケットを購入すると、
次回の上映が、30番内ほどで入れる整理券をゲットできました。

ちなみに今回、ヱヴァの前売りってどこで売ってたんだか私は下調べ不足。
劇場でも、チケットぴあでも、取り扱っていなかった。
流通展開が特殊で、とだけ説明された。

ヱヴァ本編上映前に、『巨神兵東京に現わる』をやったんですが、
特撮博物館で見たときよりも映像がクリアで美しい気がした。
これは、映像に手を入れたのか、
それともスクリーンの質等によるものなのかは、私にはわからない。

反面、巨神兵はさほどパワフルに思えなかった。
これは2度目でインパクトを感じられなくなったのか、
映画館の広さとか構造上のさまざまな要因なのか。
べつに、こいつら、思ってたほど凄くないかも、という気に。

ヱヴァ本編の内容は、
そもそも私はネタバレに関して本当にうかつだし、
とくにエヴァはそのあたり、非常に気を使うので、感想すら困難......。
私自身、情報をとにかくシャットアウトして出向いたつもりでも、
既にここ2~3日の間に、いろいろ見聞きしちゃってたしな。

一点だけ。
シンジ君とカヲル君のやりとりのシーンになると、
(べつにTV版ほど【?】っていう唐突で違和感のある展開ではなく、
カヲルがシンジのことを心配してみせるわけなのだが)

今まで微動だにしなかった周囲の男性観客陣が、
にわかに足を組み替えたり、そこはかとなく頭を動かしたりと、
――もしもこのままこのテイストでいくなら、だ・りぃよ
的なジェスチャーをするのが、
おおお、ちったあ我慢しておくれではないか(苦笑)ってなりました。

(ネタバレ)
本を読まなくなった綾波に――読むどころか見向きもしなくなった綾波レイに、
シンジがせっせと働きかけては、徒労におわって悲しむシーンが、
(いやいやよせって、読まない相手にいくら勧めても無駄なんだから・・・・・・)
と、ストーリーの脇道で、しみじみといやな気分になりました(笑)
トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

トラックバック 0