So-net無料ブログ作成

『黒十字サナトリウム』文庫化の行方と、電子書籍化 [ニュース]

徳間書店がSF大賞の後援から完全撤退して、
SFの分野から手を引いたといえる今、
私の『黒十字サナトリウム(日本SF新人賞受賞作)』が、
徳間書店から復刊されるなんてことあるはずもなく。
徳間書店から文庫化されるかもしれないという希望的観測は、
現時点、むなしいものであると宣告を受けました。

もともとヒットを飛ばせなかったから絶版になったのであって、
(それでも1年ちょっとで絶版とはまれにみる短命の憂き目でしたが)
恨み言をこぼせば、天に唾するのと同じ。

ただ、文庫化を待ってくださっている皆様には本当に申し訳ないです。

第2回アガサ・クリスティー賞を獲れた今ならと、
わたしも淡い期待を抱いていましたが、
ひとえに私の力不足で、すみません。
わたし自身、残念です。

ささやかな朗報としまして、
『黒十字サナトリウム』は、電子書籍で読めるようになったそうです。

この電子書籍、ユーザーフレンドリーで、
アイフォンでも、アイパッドでも、MacのPCでも、ウィンドウズのPCでも……、
ほかにもなんかいろんな機種とアプリで入手可能らしい。

アマゾンのKindleにも、ちかぢか登場予定だとか。
(Kindleはファイルタイプが特殊らしく、出遅れているらしい……。)

私は、紙のページをめくりながら本を読む感触を愛しているのではありますが。

――それゆえ『カンパニュラの銀翼』も、
カバーをはいだ本体などいたるところまで、
できる範囲で、贅をつくしてあります。
  
表紙が顔であり、物語が内面だったら、
カバーを外した本体は、脱がして裸にするみたいな感じ?
(で、『カンパニュラの銀翼』は、すてきな帯をほどき、美麗なカバーをはずし、脱がしていく悦びに溢れている。)

人によってはそういうの頓着しないし、
本格的に好き嫌いを左右するのは内面だ。

でも、おしゃれな下着姿とか美しい裸のほうが、
そりゃあテンションが上がるというか、ちょっとだけうれしくないか?
そこにプラスアルファの喜びや、トキメキや、各人らしさが出るじゃんか……。
電子書籍は、脱がす醍醐味を断たれるというかね?

でも古本が、法外な高額で取引されたり、
あるいはたたき売られたりするのを、
何もできず見ているよりは、いい。
心から本を読みたいと思っている読者に、想いが適切に届かないよりは、ずっといいです。

最近は電子書籍も進化して、
読みやすくなっているようなので、それがせめてもの救いか。

もちろん今後も機会があるかぎり、
紙の本としての復刊(文庫化)を目指していきます。

(以下2013/10/13日補足情報)=========================
現在購読可能な電子書籍媒体。

eBookJapan
BookLive!
Digital e-hon
e-book store SONY (Reader Store)
GALAPAGOS STORE
Neowing
紀伊國屋書店ウェブストアKinoppy
東芝 BookPlace
ひかりTVブック
上記をクリックすると、各e書籍書店の『黒十字サナトリウム』のページに飛びます。

価格はどこでも一律で、それぞれ利用できるアプリやプラットフォーム、端末に特色があるもよう。


共通テーマ: