So-net無料ブログ作成
検索選択

雷を避雷針から蓄電できませんか、と教授に尋ねて一笑に付されたことがある。 [か行]

(ちなみに一笑に付した教授は原子力でご飯たべてる系であった。震災前の話である。)

平成22年9月に、361kwhの電気を利用して、8039円が東京電力に領収されていたのだが、
平成26年8月現在、337kwhの電気使用で、10035円請求がくると、軽くへこみます。
使用量が減ってるのに、2000円も多く請求されるなんて、暴利だ……(泣)

2000円分を余計に使って領収されるなら、悲しくもないのだが、
減ってるのに……請求金額が増えている、この骨折り感。
最近は、電気炊飯器を使わずに、ガスコンロに鍋を使って、ご飯を炊いているというのに……。

……ガスで炊いたほうが、かなり上等な電気釜と比較しても、
時間は半分、おいしさは10倍増なので、
積極的にガスを使おうぜって理由で、節電のためとばかりも限らないのだが。

ほかにも節電家電を積極的に導入しているというのに。
これ以上は、この猛暑で、生命維持に関わるし、
自宅で仕事をしている私のような稼業の者には、減らしようがありません。

とかいうと、だから原発再開ですべて解決だよって躍起になる人たちがいるけれど、
そもそも原発なんぞに頼りきって、他の方法をおろそかにして芽を摘んできたから、
ツケがまわって、この有様なのだし、再導入とかもう意味が分からないわ。むう。

といっても、いきなりガスのエネファームを導入する勇気もない、
住居の抜本的な工事全般が苦手で避けたい以上、
このブログで嘆くくらいしか、私には当面、術がない。