So-net無料ブログ作成
検索選択

まぁなんにせよ、一つの目的のために存在するモノは強くしなやかで [ま行]

え、刀剣乱舞にはまってんの? なんで?
ってなリアクションをされもしますが、
んなもん、刀剣が大好きだから--。

これまでも私は『黒十字サナトリウム』や、『黒猫ギムナジウム』などで、
密かに刀剣描写に励んでいます。
黒猫ギムナジウムでは刀剣自体は出てきませんが、
273ページで怜さんを日本刀に譬えてあれやこれや書いているのも、
なにも刀剣を引きあいに出す必要性はないわけで、ただもう日本刀が好きだからです。
短編だったら『セイヤク』において、
刀剣好きな世界をかなり露骨に繰りひろげています(……刀剣だけじゃないけども)。

刀剣の付喪神・擬人化系ゲームだったから始めたのであって、
これが単なるガチャゲーだったら、興味をそそられませんでした。
元の持ち主はなんであれ全員死んでいて、
あまつさえ刀剣自身も消息不明になっていたりする実情を踏まえた上で、
刀剣同士がキャッキャウフフ、
意気揚々と戦ったり鍛錬したりする設定なんてツボるに決まってるじゃありませんか。

それまで、生刀剣にお目にかかれる機会といえば、
大体が、城見学にいった折に併設されている、美術館と名うった宝物庫展示場の隅っこ。
相手は埃かぶったようなショーケースの向こう側に、展示の詰め草みたいに、
ただ並べられているだけ。スポットライトなど皆無。
よどんだ自然光の下で、味気ない配置で羅列されている場面でした。

磨きこまれてもおらず(磨いて輝きを保つのは、きっと結構お金がかかるのだ)
鉛色、鋼色の人斬り庖丁の風情まるだし。
物騒かつ剣呑な道具っぽさが、あからさまだった。
少なくとも私がこれまで見てきた刀剣たちは。

それが最近ではピッカピカに磨きこまれ、仄暗い展示室で、美しい光線を目一杯にあびて、
美術館の目玉、花形展示。
滅多にお目にかかれない刀剣も続々、お披露目状態。
こんなに美しかったのか……とあられもない姿を、潔くさらしてくれて、
そんなの嬉しいに決まってる。

ちなみにわたしは刀剣が好きなのであって、
刃物が好きなのではないので、
包丁を眺めていても、軍用ナイフを見ていても、
何もそそられないどころか、むしろあんまり気分が良くない。

たぶん刀剣の前時代的な懐古趣味に見え隠れする悲哀とか、
今となっては無用の美、
『銀魂』の高杉の言葉を借りれば、
「刀は斬る、刀匠は打つ。侍は……。まぁなんにせよ、一つの目的のために存在するモノは強くしなやかで美しいんだそうだ」
潰すには惜しい、潰しの利かない厄介な美意識が尊いのだ。
こんなにも美しく輝かしいのに残忍な人殺しの道具なのが……すごいゴス。
七宝やアメジストでキラキラした携帯用の毒薬壜を眺めるのと、同じ気分。

だから同様のゲームで、有れば、はまるだろうなあと思うのは、
劇薬を含めた歴代のお薬擬人化ゲーム。
1918年ごろに流行した嗜眠性脳炎(眠り病)とか、スペイン風邪などから始まって、
次々に伝染病を倒して時代を遡っていく。
しまいには欧州の黒死病とかを殲滅していく。浪漫だ。

刀剣乱舞の刀剣は歴史を改変させないために頑張るわけですが、
いっぽう劇薬を含めたお薬たちはパラレルワールド的現代の奇病、謎の伝染病解明に乗りだし、
特効薬を見つけるために過去の病気の生サンプルを得る使命を負って、旅に出るのだ。
ペスト医みたいな恰好の敵と戦う。
アルコールや蒸留水、ヨードなどの馴染みの消毒道具を装備して。

刀剣乱舞のこんのすけにあたる役割は、白い伝書鳩さん(昔は医師が患者とやりとりしたり、ワクチンを運んだりするのに、伝書鳩を使ったりもしたそうなので)。
審神者にあたるのが薬の調合師、薬剤師。

誰か制作してほしい。
課金するから。

オールドな弦楽器の擬人化ゲームも、あったら胸熱です。
楽器は「一つの目的のために存在するモノは強くしなやかで美しい」道具である以上に、
そいつがもたらす結果も美しい。
……それゆえに美しいだけの役立たずともなりうる裏腹さが危うくて、おいしい。
弦楽器界隈って古ければ古い程、価値が出てくる特殊な世界なので、時代を遡る魅力にもってこい。
短刀→ヴァイオリン
脇差→ヴィヨラ
打ち刀・太刀→チェロ
太太刀→コントラバス的な役割で、
ゲームが展開していくにつれて、レア弦楽器を入手しつつ進むのです。
敵は文化大革命的な架空の国粋主義プロパガンダ部隊。
クラシック音楽や西洋の楽器、文化などを目の敵にして抹殺する連中である。

『Hunter×Hunter』のセンリツが負ったような呪いを解くために、
特定の弦楽器で、特定の楽譜を弾きこなさねばならず、
散りじりに分散した楽譜の欠片を拾い集めていく。
弦楽器の擬人化――ガルネリ一族とか、ストラディヴァリ・ファミリーとか、その写しとかが登場。

最終的にはレア弦楽器でカルテット的な部隊編成を組み、
拾い集めた楽譜を繋ぎ合わせて、美しい楽曲を奏でるのだ……
というのだと燃える。

余談ですが、
刀剣乱舞、私の場合、

† 一番好きな刀剣は:加州清光
† 一番最初にカンストしたのは:蛍丸
† 初期刀は:蜂須賀虎徹
† 一番最初にお目見えしたレア太刀は:鶴丸国永(鍛刀)
† 一番たくさん周回して成果がでたのは:一期一振
† 一番御守発動してるのは:今剣、今まで3回発動。今剣の真剣必殺が好きなので、つい無理をさせてごめん。……
† 一番最初に破壊しちゃった刀剣:燭台切光忠。開始当初は、真剣必殺したらハイパー・チートタイム発動で、しばらく破壊はないと勝手に思いこんでいた。当時はwiki情報も今ほど充実してはおらず、大和守安定、陸奥守……と続いたあたりでようやく気づいた。
† いまだ真剣必殺してくれないのは:岩融。レベル60超えてもしてくれない。
† 今剣のセコムは:蛍丸。わが本丸においては岩融より今剣のほうが常時格段にレベルが上なので、岩融にセコムが務まらないのだった。いやがる畑仕事も頑張ってもらって生存も上げたしな。ちなみにうちの今剣は小夜左文字と遊んでいるときには想像もつかない表情で、歌仙兼定にみやびやかな舞を仕込む。「口ばっかの、ぶきっちょはきらいですよう。見ぐるしいなあ」と、ピシパシしごきます。
† 小狐丸は:知らない狐……
† 三日月宗近:うちの本丸からは見えない月……
† 明石国行とか:うち蛍丸カンストしてるんで保護者とか今更だし来なくていいよ来る気ないなら!
† 長曽祢虎徹とは:真作の蜂須賀虎徹が初期刀だと、贋作のきみは顔を出しにくいのね。
† 内番特殊会話で一番好きな組み合わせは:鯰尾と骨喰。加州清光と大和守安定も捨てがたい。
† 一番色気があると睨んでいるのは:何気に江雪さん? 公式絵よりも鈴木次郎さんの非公式落書き絵を見ると特にそう思う。左文字兄弟の長男と次男は、ほかの刀剣男子と一線画した色気があります。このイラストレーター鈴木次郎さんが女性だということに驚いた。
† 今後、特殊会話や回想を期待するのは:獅子王



共通テーマ:ゲーム