So-net無料ブログ作成

世代差CM [さ行]

「女の子の持ち物じゃないものを、片づけて」
という動画。
仕切りが上がっていくときの表情の変化に、泣きそうになります……。


https://youtu.be/sIgA1mu5t_8

しかもこれをP&Gがつくってる、(生理用品、中東向け)CM動画っていうのが、すごいわ。
生理用品はほとんど関係ないというか、姿かたちすら出てこないけど、
女の人が主体的に自分を大切にして生きてもいいんですよ、生理用品はそのお手伝いをしますよ、
というメッセージが伝わる。
青いインクが吸収される絵面を繰り返し見させられるよりも効果的。
センスが良すぎる……。

まあこれも、下手をすれば……抑圧されていた世代の母親が、
自由な時代の娘に自己投影して毒親になっちゃう可能性も多々あり、
そういう意味では自由な娘世代も、まだまだ抑圧下の影響にあるともいえるのですが……。
それでも抑圧され偏狭な価値観を強いられているままよりは、ずっと良い。

そういえば私は「料理好きだとか、裁縫が好きだとか、人に言うな」と言われてました。
女らしく女子力を上げろの逆ヴァージョンです。
料理が好きだとか気軽に口にすると、家庭的な性格だと勘違いされやすいし、
事と次第によっては甘く見られたりするから、気をつけなさいと。

なにを馬鹿な……と思っていましたが、
大人になってみると、実際に料理好きをアピールする人は、
家庭的アピールと直結している場合も多く、
単に、任意の食材を煮たり焼いたり混ぜたりこねたりして自分好みの美味しいものを咀嚼したい、
という素直な欲求の意味でなかったりする場面にも多々出くわし、おのずと口を慎んだ。

私の好きな『The English Patient』という映画にも、
知的な魅力あふれるキャサリン・クリフトンが、
″A woman should never learn to sew, and if she can, she shouldn't admit to it.”
と言うシーンがあります。
女が針仕事が好きだなんて言うと舐められるから、できないふりをしてなきゃだめ、
というニュアンスです。
映画の舞台は第二次大戦前後の時代ですけどね……。