So-net無料ブログ作成

自分で一から英訳していつか出そう [ニュース]

『カンパニュラの銀翼』英訳版、Silver Wings of the Campanula,
出なくなりました。
これについては経緯等、きちんと詳細をこのブログにアップするつもりです。
実は何度も試みてはいる。
ただどうしても特定の誰かや何かを糾弾、責め、咎める文面にならざるを得ない。
また現在進行形で、きちんとした回答と対処を先方から得られていない部分もあり、
状況を正確に説明しようとすればするほど、難しい。

他の作家はやらないことであれ、
私自身は時間と労力をみっちり費やし、英訳チェックしてきていた分、
いろいろを思い起こすだけで、余りにもストレスフル。

体調にも仕事にも悪影響が出そうなので、ついついブログアップが後回しになってしまっています。
とても残念なのは無論、許しがたく怒りがこみ上げてくるのが、おさまってきたら書こう……と。
でないと読むほうも、読み心地が悪いだろうし。
そう思っているが、いつになるやら。

ぼちぼち折を見て、具合が悪くならない範囲で、冷静かつ淡々と書ける範囲で、
合間合間にブログにアップできたらな、と思っています……。

私ってば精神はわりと壊れない鋼のロックな魂っぽいのですが、
精神がストレスを受けると、
肉体のほうが覿面(てきめん)にダメージを受けてガタガタ壊れてくるっぽい。
そっか、だからロックやパンクよりもゴシックに共鳴しがちなのか。

以前、NYに旅行したときだった、クリスマス・イルミネーションでにぎやかしいけど、
寒くてたまらん夜の街並みを歩きながら、
「だって呪(のろ)いは弱者に残った最後の救いだもん」と話したら、
「あぁ~そういうことかーーー友香がいつも何を言いたいのか、やっとわかった」
と多くを語らずして友人がやけに納得したけど、
ゴシックに共鳴したり憧れたりする人は、この辺がキーなんじゃなかろうか。

精神および魂が強固であれ、肉体が比較的脆(もろ)い立場の者。
逆パターンでもいいですが、
ようは精神力と肉体力のバランスがうまく呼応しない、均等でない者にとって、
惹かれる世界があるんですよ。