So-net無料ブログ作成

紙ブックカバー(無料配布予定)制作中 [ニュース]

紙の本のための、紙ブックカバーを制作中です。
できあがったら、ネットプリントで無料配布*しようと。

紙の本が好きなので(電子書籍は必要に迫られたときに大いに利用している)、
本にブックカバーを掛けたい。
自宅で読む本には、大抵、グラシン紙を購入して、掛けています。
本の扱いがとりわけ丁寧かというと、案外そうでもないので、
汚れたり濡れたりしたら、気軽に交換でき、焼け防止にもなるブックカバーは必須なのだ。

古本でしか入手できない、そこそこ汚れている本などは、
表紙を素手でじかに触るのに、抵抗があったりする。
手袋をはめて読むこともあるのだが、
ページがめくりにくくて、もともと古い本だし、けっこう破ける。

書店の紙ブックカバーが掛かった状態だと、どれも似たり寄ったりなので、
規格が画一の文庫本など、いちいちページを開いて目当ての本を探すのが、手間。
その点、グラシン紙は透けるので、便利で愛用しています。

しかしだ。グラシン紙のこの利点は同様に難点にも。
外で読みたいときに、他人に見える。
表紙や背表紙がもろ透ける。

見られて困るような本じゃなくても、
人から見えちゃうのって嫌なんですよ。
洋書とかも洋書とわかる「裸」で持ち歩いて読むのは、抵抗が。

革のブックカバーを持っているんですが、
本が重くなり、かさばるため、
使い捨てられる、紙のブックカバーが扱いやすいの……。

Amazonや楽天ブックスなどのネット書店を多用していると、
まず紙のブックカバーがついてこないし、
有ったら有ったで、どれもこれも同じカバーだと、
それはそれで、目当ての本が見つけずらい。

……という感じで、必要に迫られた。
どうせなら自分好みなスタイルの、紙ブックカバーを使いたいなあと。

また私と同様の不便を覚えている、本好き読者のかたがたは、
少なくないんじゃなかろうかと、思い立ちました。

自宅のインクジェットプリンターで、文章のプリントをすることに慣れていると、
画像のプリントは信じられないくらいインクを食う。
一般的なインクジェットだと、紙がインクを吸って、ビッシャびしゃに。乾くまでにシワシワに……。
焦って本に掛けると、本も手も汚れて本末転倒、はなはだしい。

しかし今は、コンビニのマルチコピー機で、ネットプリントができるのだ。
誰でもレーザープリンターにアクセス可能で、容易にプリントアウトできるじゃない!

遅まきながらそう気が付いたら、俄然、スイッチが入りまして、
作業しだしたら、興が乗ってきた。
いま紙のブックカバーデザインが30点ほど……。

マルチコピー機は淡い色のグラデーションが苦手と聞くので、
発色がどの程度になるか、カラー版は試し刷りしてみた結果で、大幅に変更するかもしれないため、
まだ不確定要素が多いですが。
白黒版は大体、こんな感じにする予定です。

紙ブックカバー/白黒版中里友香作)
1/8とあるスライド部分の[>]をクリックすると、8イメージが順に見られます。

(鳥のイラスト部分にうっすら入っている網目の透かしと、
蝶のイラスト部分に入っている網目とCanvaという文字は、
制作過程中のものにCanvaが入れている仕様であって、実際には消えます。)

カラー版はもっと甘い感じの、キレイめ素材を多く使ってます(後日サンプル公開予定)。
今回、ブックカバーの素材集めで役立ったのが、こちら。
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン
https://creativecommons.jp/

著作権が切れていて、加工や商用利用可能な、古いイメージの数々を一挙にサーチ出来る。
(サーチに掛かったものが、本当に著作権が切れているかどうかは、
いちいち確認したほうが良いとのことだが)
使えます。

*無料配布について
印刷代(インク代や紙代ですね)は、コピー機が請求してくるもので、
たしかA4で白黒が20円、カラーが60円かと。
私には一円も入ってこない。
私が課す額は0円です。

詳しくはこちら。
→セブンイレブンのマルチコピー機(ネットプリント)
http://www.fujixerox.co.jp/solution/multicopy/print/netprint.html



共通テーマ: