So-net無料ブログ作成
検索選択

五虎退と鬼切@江戸博「戦国時代展」 [か行]

22日、日曜日、江戸東京博物館の「戦国時代展」で、今度は五虎退と鬼切(髭切?)を見てきました。
五虎退は粟田口の短刀。
鬼切は刀剣乱舞の髭切と同じ刀剣なのかもしれない一振りです。
 
  鬼切の伝承はけっこうほかにもあるらしく、
  この鬼切が「源氏の重宝、髭切さ」と同一なのかというと議論の余地はあるのだろう。
  ただ今回の鬼切のキャプションを読むに、
  「源氏の重宝である」点は、間違いなかった。

大寒特有の極寒が続いている中、日曜日はぽっかり天気が良くて、暖かかった。
真夏と真冬は出足が鈍りがちな私も、ほいほいと出かけた。

着いたのは4時過ぎでしたが、混んでいました。さすが日曜。
おそらく一番混んでいたのは、昼過ぎ2~3時ごろだったのでは。
大量の客が、博物館から駅へと向かって出てくる中で、
一人逆行して江戸博に突き進むわたくし。

この分ならけっこう客も捌けているだろうな……と期待していたのだが、刀剣のところだけ行列が。
刀剣乱舞の刀が目当て、といった感じの閲覧者が3割ほど。
あとは、せっかくだから見ておこうかといった感じの入場客だったと見受けられた。

前回、宗三左文字が置いてあったところに、
正宗の打刀があって、これが一番、切っ先が大きくて派手だったので一番人気で、
人だかりがなかなか動かないのだった。
(正宗の刀剣は、ゲームの刀剣乱舞にはいない刀です……。)

なぜ、わざわざ一か所に目ぼしい刀剣を、まとめて展示するんだろうか、こんなにくっつけて……。
昨今の刀剣人気を鑑みれば、混むことはわかる。事実、行列用のパーテーションも用意してある。
行列をつくるのが一種のステイタス、学芸員の誉、展示成功の証なんだろうか。
アカデミックな分野では、最も見やすい快適な環境を提供することが、
最善策なんだろうと信じていたのですが、
若冲展のあの信じがたい行列といい、
行列こそ集客のステイタス、行列のできるラーメン屋さんと同じ観点なのかもしれない。

まあ各、学芸員とか博物館とか企画展の方針ごとに、きっと差があるんだろうなあ……。

といったようなことを考えながら、周囲の展示物に遠目に目をくれつつ、待つ。
刀剣にたどりつくまで25分ほど待ちました。

宗三左文字を見に行ったときは、パーテーションがあって、人だかりができていても、
平日だったし行列になってはいなかった。
今回はみっちり2列ずつ5レーンになって並ぶ。
皆ある程度、じっくり見ているがゆえに、列になっていた感じ。

私はそこそこ背丈があるので、私が前に立つと後ろの人は圧迫感を受けるかもしれず、
こちらとしても、咳払いとか睨まれたりすると台無しなので、
博物館や美術館では、けっこう前後左右を気にする。
立つ場所と、正面をふさぐ時間を気にしつついるので、じっくり見られないときも多い。
だからいつもは、ガラ空きになりそうな日程と時間帯を極力、狙って行くのだが。

今回は、順繰りに進むぶん、後ろから見えるかチラチラ気にする必要がない。
いざ自分の順番がまわってくると、宗三さんを見に行った時よりも、
自分の持ち時間分は、周囲を気にしないでガン見できました。
正宗の豪快な刀剣が人気だったこともあり、
鬼切なんてガラガラで、
いいの? わたし正面まるまるみっちり占領しちゃっていいの?

粟田口の短刀、五虎退はとにかく華奢でした。
厚藤四郎を見たばかりだったから余計そう感じるのかもしれないが、
身幅も厚みも、厚の半分くらい。
とにかく白い。
鋭利。白さのせいか、鋭利なのがすごく引き立って映る。

刀剣乱舞2017年2月のカレンダーや、今回の戦国時代展のショップにある五虎退の写真では、
黒い地肌と白い刃文がくっきり映っている写真なのだが、
実物はとにかく白いです。
プラチナというよりは、白金めいた白さ。
よくよく近づけば、黒い地肌と白い刃文の差がわかる感じ。
遠目にした時点では、ほぼ真っ白。
白銀の世界の白です。

刀剣乱舞のキャラクターは、有名な持ち主に似せてくる場合と、
刀剣そのものの擬人化もとい付喪神化の場合とがありますが、
五虎退はあきらかに、刀剣そのものの具現化で、だからあの華奢な姿、
肌も髪も淡雪のごとき、あのキャラなんだなあ……と、納得。

でも鞘とかの拵(こしら)えは、ゲーム絵の水玉模様とは全く別物だった。
(歌仙兼定などは歌仙拵えの鞘も、ゲーム上で完璧にそのまんま再現されています。)

――ちなみにゲーム上の、おどおど気弱な短刀・五虎退は、
極めてきたら謎テンションな不思議ちゃんと化していて、面食らいましたが、
「ぼくが死んだら~」と朗らかに語りだすあたり、いいですよね。
極めてきた短刀は、他の大きな刀剣よりも、死に直結した台詞を当然のごとく口にしますね。
短刀って、ほかの刀剣と比べても、戦いの道具とか御神刀になるとかいうより、
切腹したり、御枕刀として用いられる機会が多い。その立場上、死を達観あるいは熟知してる感が、
頼もしくって好きです――。

展示は左から、正宗の刀剣、粟田口の五虎退、長巻(薙刀によく似た大太刀)で、
一番右端が、鬼切でした。

鬼切は遠目にも、あ……あれは鬼切!
舟形というか。舟底を髣髴とさせる反りが深い。
一目で物騒さが伝わってくる太刀でしたが、大太刀といわれても違和感ないくらい。
大きく感じた。
大振りで切っ先が小さい外見は、三日月宗近に似ていました。
だから全体的に優美っちゃあ優美なんだが、
樋(ひ・刀剣の背中側に掘られている溝)が通っている点が、三日月よりも断然、実戦向き。
芯が通っていて、頑丈そう。見るからに物騒で骨がありそう。
鬼切か……そうね鬼くらい斬ったろうね……。
自然、見ているこっちの背筋がしゃんとする感がありました。

名刀や名剣は長時間見ていると生気を吸い取られるとか、
とくに女性は刀と相性が悪いから危険とか、
すごくまことしやかにネット上で出回ったことがあったなあ。
刀剣乱舞由来の刀の展示が始まるよ、となったくらいの時期だったか、
「自分は気分が悪くなったことがある」という実体験と共に語られていた……。

個人差があり、感覚的なもので、一刀両断できはしないが、
あれって一種の「女性が入ってくんな」のステマ的な流言だったのかなあ……と思い至った。
名刀で退散するのは悪霊とかだったりするんですよ。
名刀を見てると女性は気分が悪くなりますって、……え? どういうこと?
また、女性は刃物と縁がないとでも……女性のほうが料理してない? 

私は昔から刀剣好きだったし、
刀剣を見ると気分がスッキリ、モヤモヤが晴れはしても、生気を吸い取られる気はしたことがない。
まあ……そう長時間も拝める機会が無いからな……と思い直したりしてましたが、
刀剣研磨の研ぎ師の女性もいるくらいだし、
刀の大小を寝室の床の間に飾って寝るのが武士のならいで、
だったら武家の奥方なんか一体どうなる……。

そういえばアメリカに留学していたとき、沖縄出身のM子さんという人がいて、
私より3歳年上、けっこう仲良しだった。
「やまとんちゅ……本土の人間は床の間に刀の大小を飾る。
沖縄では床の間には三味線を飾るものなんだよ。
そのくらい精神性が異なっている。むかしっから沖縄の人間は、根っから争いが嫌いなんだよう」
熱く力説されて、ぐうの音も出なかったことならば、あります。


厚藤四郎@東博 [あ行]

先日メリル・ストリープのスピーチをネットで見ていて、えらい感情移入していたらしく、
変な力が背中に入っていて、見終えて椅子から立とうとした瞬間に背筋が攣って激痛。
スピーチを聞いて動けなくなった、文字通りに。
背筋ってちょくちょく結構、使っているのが今になってよくわかります。
寝返りが容易に打てない……。

ところで、一月四日に厚藤四郎を見に、東博に行ったんでした。
上野界隈に繰り出す用事があって、
なぜこんな正月明け早々、まだ松の内だというにだ、憂鬱な野暮用を……と思っていたのですが、
おかげで電車も空いていた。用事も早く済んだ。
天気も良いし、これはラッキーだな……。

浮かれ気分で東博まで足を伸ばしたところ、混・ん・で・い・た!
東博のチケット売り場で並んだのは、今回が初めてでした。
考えてみればまあ当然ですよね……外国人観光客や、家族連れ等々。
まず厚藤四郎がお目当てとは思えない面々で、にぎわっていた。

コインロッカーもほとんど塞がっていて、かろうじて最後の一つ二つにありつけた。

短刀、厚藤四郎は、その名の通り本当に分厚かった。物騒な分厚さ。
短刀だけれどなかなかに重そうで、これは鎧通し、確かにな……通るよな……。
重そうだけれど、長刀とちがって重心が手元に来るので、
振り回す必要はないわけですし、突進すれば使い勝手は良かっただろうなあ。

DSC_0018.JPGDSC_0016.JPG
鎧通しの効果は抜群であったろう。
反りがまったくなくて棟側がほぼ一直線。
右の写真は分厚いのが少し伝わるか……(クリック推奨)。

他にも、物吉貞宗とは違う、貞宗の短刀があったりして、こちらはかなり特徴的な刃文で美しかった。
貞宗は亀甲貞宗もそうでしたが、現物は見るからに露骨なまでに美しいです。
(私の写真が今一つなだけです……。)

DSC_0022.JPG
DSC_0021.JPG
クリック推奨かも。

短刀って包丁っぽい……(包丁藤四郎は見たことがないですが、包丁藤四郎に限らず)
短刀は概して包丁っぽいから、目新しさに欠ける……というイメージがあるのですが、
短刀も美しいものは、本当に美しいんですね。

DSC_0023.JPG
DSC_0024.JPG

場合によっては、お姫様も手にしたからなのか、
長い刀にくらべて、美意識や、こだわりがぎゅっと凝縮されていて、
刃文を手元でじっくり味わえる感が。
物によっては一見して区別がつきやすく、乙な世界。

長刀では、長曽祢虎徹が展示されていました。
ちなみにこちらの虎徹は贋作ではなく、真作の。
『刀剣乱舞』の長曽祢虎徹は新選組の近藤が使っていた贋作設定になっていますよね。
贋作設定は、薩長に歴史修正されていたからで、
実際は真作だったらしい説が。昨年ニュースにもなっていました。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14778284006693
(これは有りうると思う。
ただ司馬遼太郎が新選組の歴史的概念を正したっぽい記事になってもいますが、
土方や沖田はさておき、司馬遼太郎の近藤は、本当にダメな感じなんで、そこはどうかと思う……。
司馬遼太郎によれば、土方の和泉守兼定が正真正銘の名刀真作なのに、
近藤は贋作の虎徹だったし、
沖田に至っては、幻の名剣ともいわれる菊一文字を託されるという設定でしたよね……。)

こちらの真偽はともかくとして、
展示されていたのは正真正銘の長曽祢虎徹。
大振りで、いやなかんじの切っ先でした。
今まで見てきた長刀の多くは切っ先がスッと美しい代物で、
これで斬られたら痛くないかも、という優美さを兼ね備えていた。
長曽祢虎徹は図太いというか、こいつで斬られたらドスッときてグサッと刺さって、
エグッとなって、ズンと入って無惨に痛みそう!
俄然ごめんこうむりたい感があった。

DSC_0029.JPGDSC_0026.JPG

東博は今回、酉年にちなんで、鳥にまつわる絵画が特集してあるギャラリースペースがあり、
鳥好きの私には、なにそれ天国じゃん超ラッキーな具合で、いそいそと足を踏み入れる。
おもに鶏一択で、日本画の鶏は目つきやトサカなど毒々しい物も多い。
でもひよこを描いた奴や、チャボとかも居たよ!
まっくろくろすけひよこヴァージョンみたいな、かわいい墨絵がありまして、
写真を撮ろうと思ったら、その絵は写真撮影が禁止でした。

刀剣も、絵画も、蒔絵も……写真を撮ってもかまわない品と、撮影禁止のものとがあり、
NYのメトロポリタンミュージアムの場合、シャッターをたかなければどれもOKだった記憶が。
今一つ理由がわからない。必ずしも作品を守るためという判断基準では無さそうだった。

シャッターをたかないと写せないような暗いところに飾ってある、
光への曝露を気にするタイプの品々ならば、わかるんですが、
お隣のよく似た刀剣は撮影OKで、これはダメなの?
お隣のよく似た墨絵は撮影OKで、これはダメなの?
混在していた。
必ずしもすべてが東博の持ち物ではないようだし、持ち主の意向なのかも。

「東博に初詣」というキャッチコピーが書かれたのぼりが、東博の前に大きく出ていたのですが、
たしかに仏像等もたくさん来ていた。
本来ならば初詣以上にご利益のありそうな、歴史的価値の見るからに高そうな面々が、
大小、ずらっと並んでいたが、展示の仕方が今一つ、面白みに欠けて、
仏像自体が大好きな人なら良いんだろうが、見ているうちに飽きてくる。

これは台湾で故宮博物館に行った時も思いましたが、
東洋の博物館の展示方法が生真面目すぎている、単調なゆえか。

伽藍、天井、台座……いろいろを作り上げていって、画竜点睛的な立ち位置にあった仏像と、
いわゆる「目玉部分」だけ持ってきて並んでいる仏像とでは、
空間の全体像や奥行きとの配慮が違いすぎて、
市場(いちば)に並んでいる生鮮と、ガラスケースの向こうで整然と並んでいる食品サンプルほどに、
差がありました。

本館を出た後、東洋館も寄ってみました。
こちらは一転、がらがら。
コインロッカー自体がなかったので、荷物が重かったせいもあり、
全部を見て回れませんでしたが、初めて目にする代物ばかりで、見どころがありました。

DSC_0064.JPG

こういうのとか。 お金がなっている樹といいましょうか。
絨毯敷のフロアで、靴底に優しい。
すでにあちこち見て回った後なので有りがたかった。

エジプトから寄贈されたミイラとかも……初めて見ました。
さなぎ状態で贈られてきたミイラの容器を上下で切って、蓋と本体という形態にして、
中を展示してあり、果たして良いのか、中の遺体をもろに見せてしまって……。
亜麻布で巻かれてはいるが。

東博に訪れたあと、岩崎邸にも寄ろうと思ったものの、足腰がもう限界で帰りました。
携帯の歩数計をチェックしたら、その日13000歩以上、歩いていた。
私にしては、ものすごく多いのであった。

紙書籍『黒猫ギムナジウム』(講談社ボックス)につきまして [ニュース]

『黒猫ギムナジウム』の本が、現在、品切れ状態です。

一週間ほど前に、アマゾンや楽天ブックス、丸善ジュンク堂などをはじめとし、
すべてのオンライン書店で入手不可能・在庫なしとなっているのを知り、
私に一抹の不安が。

数年前、日本SF新人賞受賞作の『黒十字サナトリウム』で、似たような状況になった時、
版元の徳間書店が私の本を断裁処分していた。
まさか『黒猫ギムナジウム』も同じ末路をたどったのか?

『黒十字サナトリウム』の時は、担当編集者も断裁処分について把握していなかった。
日本SF大賞の贈賞式にお呼ばれして出向いたとき、
担当編集者をつかまえて、かくかくしかじかなのだが、売り切れてるわけはないですよね? 
そう尋ねたところ、
売り切れるはずはない。え、在庫なし? 本当に? アマゾンが在庫を切らしてるだけじゃなくて?

販売部に問い合わせてもらったら、
本は市場に出回っている冊数しかなく、
版元が倉庫に保管しているすべてを、断裁処分にしていたのが判明した。
いくらなんでも見切りをつけるのが早すぎると思いましたが。
売上げの初動で、今後の採算を予測して、倉庫の場所塞ぎだと、見切りをつけられたわけです。

あとで『カンパニュラの銀翼』で、アガサ・クリスティー賞を受賞したとき、
それまでは私の『黒十字サナトリウム』を知らなかったが今こそ買って読みたい、
という読者の方々は結構おられた。
しかし一度は大量に断裁した本を再度重版するほど、出版社は採算度外視で本を刷ったりしない。
断裁した分もカバーできるだけの売り上げが見込めなければ、
版元にとっては重版するだけの帳尻が合わないのです。
今でも『黒十字サナトリウム』の紙の本は絶版のままです。

そのトラウマがあったので、
またか……またなのか~
かなりナーバスな心地で、版元である講談社に問い合わせました。

「講談社倉庫でも現在品切れとなっています」

完売したのか……!
売り切れたのか。そうか……良かった。

2011年、当時の担当編集者に「中里さんの本など出さないほうが、うちにとってはメリットなのが、わからないんですか。売れないとわかっている本を出す必要などありませんからね。黒十字サナトリウムも、初動が悪くて徳間書店で見切りをつけられて、断裁処分になってますよね」
という内容を(キレイ目に要約しました)メール等で悪しざまに言われ……。
編集者のミスで誤字脱字になった部分に、クレームを入れるも、
「それでは重版するときに、思う存分、直してください」(重版なんてなるはずありませんが)
という対応をされて、
私としては、
(すぐには売れなくとも、きちんと自分の信じる物語を丹精こめてつくれば、必ず手に取ってくれる読者はいる。なかには面白さを理解してくれる読者もいるはず。時間はかかっても、きっと)
そう信じていましたが、裏付けられるだけの実績がなかった。

断裁されてしまえば、届くべき人のところにいつかは届くという望みを完璧に断たれるので、
――おお、売りきれたのだったか……。胸をなでおろす。
良い本だと自分が信じた物語は、時間はかかれど、きちんと読者に届けられる、
「初動がすべて」
ではなかったのだと。

昨今、売り上げは初動がすべて、という考えが一般的に蔓延しています。
私の本のように読者を選ぶといわれる作品、シリーズものでなく一冊が長い単行本は、
初動が良くないので初版の刷数がものすごく少ない。
内容如何以前に、売りにくいから、版元はいっぱい刷りたくないんです。
同じ講談社の『みがかヌかがみ』は、『黒猫ギムナジウム』の半分の部数しか刷られていません。

『黒猫ギムナジウム』もこれまでの売り上げ動向などから、
現時点では、すぐには重版をかけられないとのことです。

黒猫ギムナジウム』は、クリーク・アンド・リバー社から、キンドルをはじめ電子媒体で出ています。
昨今は、タブレット端末の性能も上がってきて、かなり読みやすくなっていますし、
人によって生活スタイルは違う。
たとえば入院しているときに思いついた本をすぐさま読みたいとか、
長時間移動中に本を読みたいなんて場合は、
荷物にならないし、人に頼まずに調達できるので、タブレット端末で本を読めるのは便利かと。
いろんなオケージョンに合わせて、いろんな媒体で利用できるのは、捨てたもんじゃない。

ただ、本好きは物語が好きなのと同様に、本という質感が好き。
私自身、本は紙書籍で読めるのがベストな楽しみ方だと感じています。
それに、マイナー作家である私の本までたどりつき、最後まで読んで、好いてくださる読者は、
ほぼ間違いなく「本好き」ではなかろうかと。
だからできるだけ紙の本でお届けしたいと思っています。

一つ、楽観視できることと言えば、
現在の担当編集者は『黒猫ギムナジウム』をわりと好いてくださっている感触が。
重版したい、という思いは共通の意向としてあるので、その分、障害は少ないかなと。

丁寧に読み応えのある本をつくっていれば、初動は悪くとも、じわじわ売れる。
長い目で見れば、結果的に黒字になる。
中里友香の本はそういう売り方が通用するのだと、
そんな実績が一つできたと、分かってもらえたら……。
作者であれ、自分ではどうにもできない部分があるのですが、
再度、紙の本として入手できるようにしたいです。

ひょっとして、



共通テーマ: