So-net無料ブログ作成

あ? さとう君? 俺。 [あ行]

こないだは、どーもね。
あ゛ーちょっと聞きたいことあってさー、電話くんないかな。じゃ。

ってな具合で、いかにもグロッギーで感じわるーいヤカラから携帯に留守電が入っていたのが、
ぽつ、ぽつと一週間に一回くらいずつ。今週で計三回目。

間違い電話なのね、この番号。
佐藤君じゃないよ、わたしですよ。

と、思いながら放置……していたんだけど……これって新手のワン切りだね? 

私は携帯電話を、ポータブル公衆電話&留守電、という使い方しかしない。
あーら今日も充電切れてたよ。10日に一回だとやっぱり無理があるかね。
ってな具合なのだがそこに態度悪い不愉快なだるだる声で、昨日は朝に留守電が残っていたのである。
「あ、佐藤君? あのさー何度もかけてるんだけど、聞きたいことあるんだわ、0・・・・・・・・・・にかけてきてくんない? じゃーー」
朝に似つかわしくない、徹夜明け二日酔いみたいな、例の声だ。

携帯電話にいちいち番号述べるかね。留守電とともに着信履歴が自動的に残るのに?
どうしてもかけ直させたいんだね? ついに業を煮やしたね?
そもそもだ、オレオレ詐欺的に、おれ、と言って三度とも名乗らないけど、どうなの。
おまけに佐藤君、って。べたすぎるよ。間違い電話がかかってきても不審でなさそうな、メジャーな苗字すぎるだろう。

「このまま何度もかかってきたら鬱陶しいし。着信番号にかけなおして、ちがいますって教えよう」
と、うっかり親切心を起こさせる手口なのでは。
で、ワン切りと同じ、着信番号にかけたら最後、変なのにつながって妙な請求、来ちゃったり。

最近はみんなワン切りになんか、かけ直さなくなってきていると思うし、だからずらっと並んだ番号リストを、機械でなく人間がかけるんでは。相手が出たら無言で切って、出なければマニュアルどおりに留守電に吹き込んでいく。携帯ってけっこう出られないもんで、必ず留守電設定になってるし。一回目はこの文言。二回目はこの文言。って決まっていて、正のしるしをつけてカウントしていくんでは。

なにしろ声とはいえ、柄の悪いこと、この上ない。
佐藤君、たちのわるい先輩から変な連絡がつかなくて良かったね。どうせ面倒をおしつけられるだけよ。それをわかってて佐藤君、さてはデタラメな番号教えちゃった? 

って感じだ。

たとえばそれがよ、大川ロイ・マスタング大佐みたいな、陽気で威圧感のある声で、「佐藤君か。先日はいろいろ助かった。確認したいことがある。至急、折り返してくれないか」とか言おうものなら、佐藤君、切れ者の上司が、なにか留守電に吹き込めないような機密の用件があるっぽいから、直ちに連絡とらないとまずいよ。……ちょっともう、大佐ったらこの番号ちがうから、連絡してさしあげないと、みたいな律儀な気分にさせられる。

あるいは、緑川光ふうな美声が紳士的に一途な感じで「佐藤君。たずねたいことがある。かけなおしてきてほしい」と言うのであれば、ちょっと佐藤、あなた告られるわよ。困っちゃうな、佐藤君は無視してるとか、つれないとかじゃないんです、番号ちがいですよ、よく確かめてください、って教えてあげたくなっちゃうだろうに。

ワン切り業者も、そのくらい声の演出を整えないと。

でも売れない無名の声優さんが、声の仕事にスカウトされたと思ったらワン切り業者だったりしたら哀しい。電話声だけで相手を落とせる技術の持ち主であったなら、その人は声の芸を極めていくべきです。ええ、そうです。
トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊藤計劃氏 逝去 [あ行]

わたしがこの人のブログを読みだしたのは、たぶん2007年7月で、佐藤亜紀氏のブログを読んでいたときに出てきて、なになに……? と見に行ったのがきっかけ。

過去ログから読み漁りだしたのだけれど「ブラックホークダウン」の映画の批評が的を射ていて、それからはせっせとこまめに読みに行くようになった。わたしは「ブラックホークダウン」をアメリカの映画館で10回くらい見たのだけれど、日本の友人にすすめてもことごとく評判悪く、無論、映画は好き嫌いがあるので、嫌いとか苦手とかそういう嗜好はもっともでいい。ただ、そうでなく日本での受け止められかたが、何やらことごとく偏っている様子で。おまけに日本に帰国してからテレビでやっていた吹き替えの翻訳にぶったまげ(間違ってはいないけどそれは誤解をまねく……というかこの映画の一部分しか分かってないよ、そこカットするのかよ、全体の意味が違っちゃうよ等々)いろいろモヤモヤして、ああ何、もう私ってマイノリティでいちいちこだわってたらやってけないかな、とか思っていたときに、伊藤計劃氏の映画の評を読んで、なんだか安心したのだった。あ、ここにちゃんとこういう人が居るんだ、と。

そんなこんなしている間に、私も日本SF新人賞で受賞できて、作家になれたので、もしかしたら会えるチャンスあるかもしれない、と思っていた。会ったところで、私は伊藤計劃氏みたいなタイプのSFを書いていないし、あんまり詳しくマシーナやら武器の説明を延々されてもわからないし、メタルギアとか全く知らない(ゲームをやったことすらない)けど、ブログいつも読んでるんです、ってご挨拶に行きたかった。年齢も近いし、高校時代の同級生の友人が武蔵美に行っていて、伊藤計劃氏はムサビだから、もうこうなったらこじつけで(たぶん学科がちがうんだけど)そのへんから話題切り出してとにかくおしゃべりしたいんだ、映画の話をしたいんだ、私、けっこう秘密機関萌えなんですけど、もしかして伊藤さんもそうじゃないですか、と打ち明けたいんだと、そんなチャンスを漠然と夢見たりしていた。(たしかそれっぽいことがハリポタの「不死鳥と騎士団」の批評で書いてあったのである。ハリーが魔法省だか情報省で異端審問チックなのにかけられて、ちょっぴりつるし上げ食らう冒頭のシーンですでに満足「官僚および審問会大好きな伊藤~」と。)

私は、伊藤計劃さんの「虐殺器官」などの出版物よりは、もっぱらブログの読者にすぎなかったのだけれど、しかも本が出版されてからは、ブログに品が出てきてしまい(笑)、文体も格が出てきてしまい(笑)、ちょっと本音が見えにくくなったりもしていたんだけど(笑)せっせと見に行っていた。

ブログにあった氏のスタンス「病魔と闘うとか言ってる人見るとちょっとうんざりする、まあそういう人はそういう人でいいけど、悪いけど戦いたかないし、逃げれるなら逃げてーよ、逃げられないからしょうがなく受け止めつついるんだってば」みたいな(私の要約なので偏ってるかもしれないけど)そんな伊藤計劃氏のドライでやさぐれ気味だけど、絶対ユーモアを忘れずに、だけど時々どうしようもなく弱気になったりしているのが、人を惹きつけ面白く哀しくて目が離せなくて、とにかく良くなってほしかった。

しばらく快方に向かって見えたときもあったのに、ただ今年に入ってからは更新がずっと途絶えていた。気にしながら、まだかな、更新まだかな、またいつもみたいに退院しました映画見ました、と007とボーンシリーズの比較とかやってくんないかなあと思って、今日も更新はまだで、佐藤亜紀氏のブログに寄ったら、伊藤計劃氏とか遺体とかいう文字が飛び込んできて、ちょっと一瞬受け止めきれずにうろたえた。

日本SF新人賞受賞作家は、ほぼ自動的に日本SF作家クラブの会員になるので、私も日本SF作家クラブの会員なのだが(幽霊会員みたいなもんだけど)、ほんの先日、今年に入ってから、伊藤計劃氏をSF作家会員に推薦という議題が提出されて可決されたばかりだったように思う。もしかすると来年とか日本SFの総会のときに、お目にかかれるかも! と思っていたのに。伊藤計劃氏のほうが年齢も作家デビューもいろいろ全部先輩だけど、年齢もデビュー時期も近いので、なんとなく勝手に親近感を覚えていた。友達にも「この人のブログでこんなこと言ってたんだけどさ」と日常会話のネタに出すほどだったから……。

結局、若いときの癌って手遅れになるとあんなにほうぼう手を尽くしている感があったのに、ずいぶん医学は進歩してるのに――。氏がSFに傾倒したのは、勿論もともとの好みとかあったろうけど、伊藤計劃の書く世界では伊藤計劃の病気なんか治せるような世界だったからじゃないのか(ちがうかもしんないけど、もう突き止めようが無い)
あーあ!
と、残念な気持ちでいっぱいです。残念だったのは一番本人だと思うけど。だって今年こそは元気になって、とブログに書いてあるんだ。http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20090107

私が一番好きだったブログは2007年8月2日付の「ある麻薬の話」
たぶん最初ラフで打ったときから、数日後に誤字や文体を少し修正したと思われて(気に入っていたので幾度か読みにいったときにそう思っただけなので、くわしくはわからないけど)私は最初の、ちょっと文体、はちゃめちゃ気味だけどリアル感吐露、みたいなほうがヴィヴィッドに良かった。……のだけれど、修正後のでも存分にいいです。
http://d.hatena.ne.jp/Projectitoh/20070802
=====

続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

犬も食わない [あ行]

映画、レボリューショナリー・ロードを見ようか見まいか迷っているうちに、私の近辺では公開時期が今週で終わりです。1月24日に公開になって、一ヶ月もしないうちに終わりってどういうことです。客入りが悪かったのか。レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが夫婦役なのに。ケイト・ウィンスレットはこの役でゴールデングローブ賞を獲ってるのに。思うが、公開時期をもうちょっと遅くすれば良かったのでは。ケイト・ウィンスレットは別作品「愛を読むひと」でオスカーノミネートされているから、同時期の当作品も相乗効果で陽の目を浴びだす時期である。アカデミー賞授賞式は今月末だぞ。フライングだ。

そもそもゴールデングローブ賞の結果がきちんと浸透するのは、ゴールデングローブ賞発表から、アカデミー賞発表までの期間だと思う。現地アメリカですらそうなのだ。そりゃ日本でもネットで情報は逐一入るし、WOWOWとかで授賞式をオンタイムで流すかもしれないが、NHK BS1月末の総集編でチェックする人は多いはず。で、授賞式で紹介される場面に触れて「見たいな」と、思い立ったくらいの時期に終わり、ってあなた。

レボリューショナリー・ロードの50年代米国郊外の背景は魅力的なのだが、見ようか見まいか私が迷っている理由としては、幸せいっぱい夢いっぱい愛情いっぱい運命の二人と思われた夫婦、妻は女優を夢見てた夫婦、しかもおそらく本当に才能があった彼女(タイタニックを反映したこのキャスティングは絶妙。これ以上、説得力のあるキャスティングは無いよな)その二人がお互いのためと思って妥協に妥協を、歩みよりに歩みよりを重ねる分だけ、次第にすれ違い、困難に陥ってケンカを繰り広げて、さてどうなる、という話だからで。
夫婦口論のシーンって概して私には猛烈に退屈だからです。

自分に照らし合わせてみて身につまされたりする方々にとったら一見の価値もあるのかもしれないが、犬も食わない代物をどうしてお金払って見させられなきゃならないのさ。「風と共に去りぬ」でも、スカーレットとレッド・バトラーが結婚して口論を繰り広げるようになると、途端にどーでも良くなります。好きにしなよ。二人で解決してくれよ、観客を巻き込むなよ、勝手にすればいいじゃん。夫婦間でさえなければ、口論のシーン自体は、私はたいてい好きなのです。精神的なアクションシーンというか。法廷ものなんて終始、口論といっても過言でない。

しかし唯一、夫婦口論のシーンで猛烈に良かったと思えるのがあって「The Hours」めぐりあう時間たちのニコール・キッドマン演じるヴァージニア・ウルフと夫の口論。「めぐりあう時間たち」の映画自体は、フェミニズム色を強調しすぎで、しばしば鼻白みたくなるし、しかもめぐりあってないじゃん。「めぐりあわない時間たち」にしたほうがよかったんじゃないの、なのだが、それでもキラキラした破片があちこちに散りばめられていて、くっそー、嫌いなのに良いってどういうこったい悔しいな。その頂点が、うんざりなはずの夫婦口論のシーン。春先か秋口か、英国の郊外の駅で、澄んだ空気に、よどんだような温かい日差しの当たった、駅員しか誰も居ない昼下がりの板張りのプラットホームにおいて。少々精神を病んで食事をまともにとらないヴァージニア・ウルフと、家を黙って抜け出した彼女を探して駅に妻を見っけた夫が、猛烈な口論を繰り広げる場面。なんか二人ともやつれててね。まだけっこう若くて老けていないはずなのに下手すりゃ初老くらい、やつれて見える。

夫は最初、自分の要望を言わないで、君のためだとか使用人への義務だとかいう押しつけがましい冷静な言い方を試みる。ネリーというメイドが居て料理人なのだが、しょっちゅう食事に面倒なけちをつけるヴァージニア・ウルフを快く思っていないおばさんで、このネリーにかこつけ、
「ネリーが手間ひまかけて、夕飯を仕度してくれている。君はネリーの食事を食べねばならない義務がある」
早口で小声で切り出すのが、すっごい哀れなのだ。ヴァージニア・ウルフが理性的且つ感じやすいので、夫は感情的に飯を食えと怒鳴ったり、食ってくれ、とか言えないんだなあと分かるわけです。

それに反論するヴァージニア・ウルフのニコール・キッドマン。この人がこれでオスカー獲ったのわかります。やつれたメイクをほどこして、声もしゃがれてて、説得力がある。登場シーンも少ないのに、この駅のホームの短い口論のシーンが、そこだけ宙に浮いたみたいに良かったのだよね。

だけど中身はけっこうありきたりな、あーこういう中身の口論、いままでに死ぬほどいっぱい鑑賞してきて、どれもすっごい詰まんなかったなあ、お金と時間を返してよね的な夫婦の言い合い。なんだけど、すごく良いのです。何がどう違うのかいまだに判別つけがたい。やってる二人が上手いだけか。言い合う場所と時間設定が良いのだろうか。――君は既往症があるじゃないか。君は 二度も 自殺未遂をしてるじゃないか!
……と次第に声を荒げて、言い合うけど罵倒しないんだ。最後、言い負かされた夫が肩をうなだれ、駅のベンチに腰を下ろしながら、ふと「空腹かい?」って訊く。「僕は腹がすいたよ」と。

さて、レボリューショナリー・ロードの夫婦口論のシーンが果たしてそこまで良いのかどうか、気になりつつDVDまで先送りするかどうかである。

追記:
映画のレビューをブログにアップしない自己規制は、5年を越えた映画については解禁でひとつ。
トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イメージドイツ人 [あ行]

一週間前のニュース、友人から教えてもらったのだけれど、かわいくてお気に入り。
ニュースはこちら。

===========
[ベルリン 5日 ロイター] ドイツのハノーバーに住む3人の子どもが、寒さにうんざりしてアフリカを目指したものの、地元の駅で警察に補導されるという出来事があった。警察が5日に発表した。

6歳の男児と7歳の女児は、新年に何か特別なことをしようと暖かいアフリカに行き結婚することを計画。証人として女児の妹(5)も連れ、1日早朝に路面電車で中央駅に行き、空港に向かう電車に乗り込もうとしているところを警察に止められた。

警察のスポークスマンによると、子どもたちは食品や水着、サングラス、エアマットなどを詰めた3つのスーツケースを持っていた。警察官は子どもらに、現金やチケットなしではアフリカに行くのは難しいことを説明、代わりに警察署の見学ツアーをさせた後、親元に帰したという。
===========

さて、この短いニュースの一番の私のツボは、
証人として女児の妹(5)も連れ、
というところです。

6歳の男児と7歳の女児が、結婚しようと思った。暖かいところに行こう。寒いドイツはうんざりだよね。
これは、まあかわいいけど、かわいらしい思いつきにすぎない。
ただ「証人に妹を連れて行く」という発想で、にわかに彼らの真剣さが窺えて、可笑しいのだ。
すると二人は本当に結婚しようと思ってたんだな。
幼い恋人同士の逃避行じゃなく。ハネムーンごっこでもなく。
これは結婚なんだもの、だから証人がいなくちゃだめなんだよね、
当人同士の約束とかじゃだめなんだもの、結婚は。
どうしよう証人、ちょうどいい、妹がいるじゃないか!
二人の事情を知っていて、しかも認めてくれるもの。
二人より三人でバカンスに行った方が絶対たのしいしね、だよねー。
……な感じが。

欧米映画とかを見ていると、二人同士の誓いは結婚には不足で、
結婚になると人にしろ神にしろなにか証人に立てねばならない場面が、ちょくちょくあるけど、
この「契約」という観念が幼い子供に浸透している、生真面目な感じが。
寒いドイツはうんざりで、暖かいところ→アフリカ、を思いつくのも
(ローマとか、ラスベガスとか、カンクーンとか、南半球離島とかの娯楽的に充実していそうな地域ではなくてだ)
イメージドイツっ子まんまだな!……と。

警察が子どもらに、現金やチケットなしではアフリカに行くのは難しいことを説明、するにいたっては、「行けない(不可能)」とか「行ってはいけない(禁止)」ではなく「行くのは難しい」という正確さ。
ドイツのローカル電車とかってチケット無くても乗れるところが多いですよね。
車掌が切符確認に来たとき、持っていないと恐ろしい額の罰金を科せられ、決してお手柔らかな処置をされないので、絶対購入すべし、なのは常識ですが、乗れますよね。
だから彼らはお金もチケットも持ち合わせないのに、中央駅までは平気で来られちゃったのかと思われる。無銭に近く、不法にアフリカ・ドイツ間を電車で出入国しているひとも、きっとまったく居ないわけじゃないんだろう。
出来なかないが、難しい。

ちびっこ3人がなんらかの事件に巻きこまれて発覚したんではなく、
駅を巡回している警察官が、きちんとした仕事をしていて、電車に乗り込む三人を止めた、というのがまた、私のイメージドイツまんまなのです。

後日、新学期に学校でひやかされたりしてないかな。
それでだめになっちゃったりするんだろうな。
ティーンになったとき、こんな可愛い記憶は抹殺したい、ちょっとお互い自意識過剰気味になってる年長者二人に対し、妹はネタにしてべらべらしゃべりまくっていたりする。

やめてよ、もうマルクはそんなこと覚えちゃいないし、私も忘れてるくらいよ、奴の名前を出すのはやめて、ほかに好きな人がいるんだから。
とか姉さんは怒り、
マルクだったら今日会ったわよ、私の顔見てぎょっとしてたけど、ハローって声かけてやったら、しぶしぶだけどあいつね。
「ハロー、エリーゼ。君の姉さんによろしく」ですって!
どの姉さん、ってしつこく聞いてやったら、
わかってるだろ。
って言ったのよ。ちょっと困った感じに「わかってるだろ」よ。
姉さんはにわかに、
うそマルクが? うそだったらあんた承知しないわよ。
誰がそんな嘘つくもんですか。あ、そうだ言い忘れたけど……と続くのか続かないのか。



トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

女のタイプ [あ行]

日本の往年の漫画や小説・漫画原作アニメ(映画込み)で、誰が好きかランキングにして順位つけてみようとおもう。
同性は、同性に厳しいって言うけど、ほんとにそうなのか。
連載および放映が終わっているものにかぎります。

とりあえず思いつくままに好きかと思える登場人物を列挙。
順位つけるのはゆっくり後で考えることにする。

クシャナ、ナウシカ、シータ、キキ、オスカル・フランソワ・ド・ジャルジュ(あってるか?)、マリー・アントワネット、メリーベル、エルゼリ・バード、ナァスタース、メーテル、花村紅緒、たまき、浅倉南、サイファに出てくる主人公の女の子のキャラのアニスだ、桐壺、夕顔、雲居の雁、朧月夜。江葉(コウヨウ。紅葉?)

好きなのにうっかり忘れてるとりこぼしありそうだ……。

トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター