So-net無料ブログ作成
検索選択

ズシューン [さ行]

最近そこはかとなく身近で感じる、太宰治とエヴァのセオリー。
太宰を好きな人は、新世紀エヴァンゲリオンの碇シンジも結構好き。少なくともシンジにさほどイライラしない。劇場版「破」のシンジには、むしろ一抹の物足りなさをおぼえるほどだ。

さて、この季節につきものの雷雨。ゴロゴロのご……って聞こえただけで震え上がります。雷は嫌いじゃない、というかむしろ好き(怖いけど)。震え上がるのはPCを思ってだ! 雷雨でこれまでPCを幾度オシャカにされたかしれないよ! 巨大箱型デスクトップを使ってた昔は、PCがかくも雷に弱いと全く知らなくて、雷雨のときにPCで音楽を聞いている最中にズシューン。ちょうど赤木博士が実験中、停電くらってネルフの電源が全部落ちたときのような音をたてて、まさにエヴァが活動限界突破で起動しなくなるように、何をどう操作してもダメな「完全に沈黙」
……動け、動け、うごけッ。……うごいてよ!
エヴァじゃないしそこはもう再起動は不可能となったら不可能なので、基盤の入ってるでっかいコンピューターを直しにタクシーを使って電車で運んで、それはそれは大変だった。

以来、サージプロテクターを使ったり、PCを万一入院させる際にも楽なノート型だよ当然だよ、って感じでいるのだが、それでも壊れるときってのは来る。私はかつてIBM信者でThinkpadが大好きで。IBMの赤ポッチはマウスよりもずっと使い勝手がよいのだよ、ほかのノートパソコンの同様のタイプのとも比較にならないよ、で長年愛用してきていた。だがIBMはけっこう胡散くさくもあって、突如電源が立ちあがらなくなり、IBMに連絡をつけて入院させた。保証期間はとっくに切れていたのに、送料も部品費用も一切かからず、無料できちんと直されて戻ってきた。たぶんあれ、リコール部品があったんだと思う。不具合を生じたやつには、だまって交換。理由を聞いても「今回はサーヴィスです」ってやってたんではなかろうか。何が壊れたか尋ねても教えてくれなかったし。企業が、気まぐれに親切でおまけってことはなかろうさ。それから1年後に、まったく同様の症状になり、そのときはRenovoになっていたせいもあるのか、もう相応の部品を作っておらず、交換できないので直せません、と。移送&チェックアップ代金をとられた挙句に申し伝えられた。見積もり期日がすぎてもいっこうに連絡が来ないから、業を煮やして電話をかけた折にである。

「つきましては、こちらで個人情報等が行き渡らないように、メモリーデータを一掃して、破棄しておくことにいたしますがよろしいでしょうか?」

……よ、よろしくないですよ。

『メモリに手をつけないでください』『消さないで』
あちこちPC本体に貼り付けて入院させたのに、何を言ってくれちゃってるのですか。何が入ってんのかあなたわかってらっしゃるの!?

「いいえ。メモリに手をつけずそのまま送り返してください」
「は?」

電源が立ち上がらないPCなど、ごみより悪い、捨てるにも面倒、なんでこっちが親切にデータまで消して破棄してやるっていってるのに、無用の長物を手間ひまかけて送り返せといってるんだこいつ。……といった感じを露骨に漂わせつつ、オペレーター女性の声には棘が……。

戻ってきたIBM ThinkPadは、IBMを専門に直している中部なんちゃらどうとこ、に送りました。きちんと直って戻ってきました。データもメモリも全部そのまま無事です。(この数ヶ月あとにモデムが壊れて、私は別メーカーのノートPCに買い換えた。)

金は惜しまないから頼む、なおしてやってくれ、という私の密かなテンパリ具合を察知して、身内は
「捨てろよ」「買えば」「メモリに何が入ってるんだか」「どーせろくなもん入ってやしない」「馬鹿げたことに費やすお金はあるんだね」「大事ならバックアップをとっとくもんだ。バックアップをとってないってことは、いかがわしく人目に晒せぬ恥にちがいない」的な、傷口に塩をもみこむ雑言を矢のように……(作家デビュー前の話です)。

この際、パソコンごと危うくオシャカになりかけた小説の中に、後に受賞する「黒十字サナトリウム」も入っていました。だいたい悲しいのが、どうせろくでもないしょうもないもの、と決めつけられて「ちがう」と言い切れないってところなのだよ。
「くっだらない」
そりゃまあ己の嗜好まっしぐらなわけだから
「くだらないです。くだらないけれどもだよ……」
バックアップを取るなんざ、もしもの事態で私が死んだらPCはそのまま破棄してちょうだいよ、書き途中の話くらい見苦しいものはないからな、という気持ちで打っているのに、バックアップを取って妙な証拠をさらに増やしてどうするんですか。で、今でも気は進まないです。
トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シャロットの女 [さ行]

シャロットの女(1888年)」という絵を教えてもらい、はじめて見たんだけど猛烈なる既視感。デジャヴですよ。……なんかこういう世界観、前に視たことがあるんだよ……。

一昔前の映画「赤毛のアン」で、アンが小船に乗って白い服で横たわって花に埋もれて、誰かになりきって川をくだっていくシーンがあった気が。 (んで無残にも小船は浸水し、橋げたにしがみついているところをよりにもよってギルバートに助けられる) そのシーンはもしかしたら?

と、思い立ちYoutubeへGo.
そしたらあっけなく出てきました。

Anne of Green Gables - "Lady of Shalott" 2


そうだったんだー。シャロットごっこをやってたのか、アンはー。
と、十数年ぶり(おぉ……へたしたら20年ぶりだ!)に合点がいった。
そういえばアンはキャメロットがなんちゃらとか言ってたわけだけど、当時のわたしは元ネタ「シャロットの女」自体を知らなかったし、その後のアンとギルとの本筋に気を取られていたのである。
魚釣りよ、
とか言い張るアン(この期におよんで!)に、
「へー、魚釣りなんだ。さすが」
「は、はやく助けなさいよ」
と、たしか少女マンガ王道風の展開へ。
トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

醜形恐怖 (フォビア) [さ行]

醜系恐怖っていう病気があります。恐怖症(フォビア)の一種です。

まず言っておくと私は医者じゃないし、醜系恐怖を患った経験もないので、この発言により面倒が生じたらすぐに記事を削除します。

さて、あまり認識されていないようだが一般論だよの話をすると、今回世界的スターであるマイケル・ジャクソンが亡くなって、彼の整形癖……というの? あれを「あの人は白人になりたかったんだねえ」とコメントする人がけっこう多くて(以前から彼を「白人になりたかったんだね」と言う人は日本に多いんだけど)、んでもってそれをアメリカの人種社会のなんちゃらに結びつける発言が多い気がするのですけれども。

たぶん間違いなく、マイケル・ジャクソンは醜系恐怖という精神的な病気です。知る人ぞ知る、といった感じで。

醜系恐怖ってのは、ググればすぐ出てくると思いますが、自分を過度に醜いと思い込む心の病で、これがたいてい、比較的、どっちかっていうとはっきりいって見た目いいよね? という人に限ってなりがちです。美しい人は美しさをつきつめるとたまにベクトルを間違えちゃうね、くらいの呑気な捉えかたをされたりもするが、実際は、場合によっては、かなり深刻な病気だったりします。

で、この醜系恐怖にかかっている人が、うっかり美容整形にいったん足を踏み込んだら泥沼、っていうか、ここも、そこも、あそこも、いやあっちもおかしい、まちがってる、醜い、どうしよう、って歯止めがきかなくなるので、こういう患者に美容整形手術は禁忌に近い行為になります。このへんを、美容整形外科医は手術前に見極めなくてはならないわけです。で、たぶん良心的な美容整形外科医はそこらへんをきちんと判断するはずです。あなた、美しいですよ。治す必要ないですよ。切ったり貼ったりしなくとも、ほかに手段があるんじゃないかなあ、と。

でもそうすると、自分で顔を治す、とかいって自前のメスで(カッターとかでよ)なにかしでかしちゃう人とかも中には居るので、だったら美容外科医に、ちゃんとやってもらおっか、ってことになるのかもしれないけど。

場合によっては、患者&顧客からお金をむしることしか考えていない医者も居る。あるいは醜系恐怖について無頓着で知識のない藪医者とか、また医者当人が醜系恐怖で(醜系恐怖ってのは自分を醜いと思う病気で、醜いものが嫌いっていうことではない)ビジネスだからではなく、率先して自分自身にあちこち手を入れているようなひとだったりすると、どんどん「治す」。

それどころか患者の症状を煽って「ここも手を入れたほうがよくなります」「そこも醜いですよ」って、悪徳エステまがいの真似をしてお金をむしる(……エステは良いところですよ。美しくなる努力を応援してくれるスポーツジムみたいなものでしょう? 悪徳エステってのは文字どおり悪徳のエステで、エステが悪徳なわけじゃないですからね)。

いったん切ったり貼ったりの手を入れだすと、醜系恐怖の患者はどんどん病気を悪化させ、かくして治るどころかドツボにはまっていくことになります。

だから、醜系恐怖の患者で切った貼ったを過度に望む人に、お医者は
「いいの? あなたの場合、顔を『なおす』より、醜系恐怖を治さないと、いまにマイケル・ジャクソンみたいになっちゃうけど?」
と警告するのです。

そんな醜系恐怖のデフォルトとして語られるくらいだから、マイケル・ジャクソンは多分その病気だったと思われ。んで彼が醜系恐怖を患ったきっかけは、或いは人種問題でなにか感じたところがあったからかもしれない。ただマイキーが骨格を白人に近くしていったからといって、彼が白人へのコンプレックスがあったと直結させるのはいささか安易で、どちらかというならば醜系恐怖で整形を突き詰めすぎると、もう別人になるしかないので、だから黒人だった彼はどんどん見た目を白人化させていくしかなかった、と言えるんじゃないかと思うのです。

言ってみればマイキーの見た目は、白人化とも言えますが、女性化&中性化しているようにも見えます。(少なくともアメリカ人は、マイキーを白人化とは思わず、女性化・中性化していると見ていたように思う。)男性だった彼は自分の見た目を否定すると、女性化および中性化することになり、だけど彼は性転換手術をしていたわけではないですよね? あくまで見た目の完全自己削除。醜系恐怖を病んだ果ての、ああいった見た目のチョイスに思えるわけです。



続きを読む


トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

笏・しゃく [さ行]

―現世から異界に招かれるタイプの欧州ファンタジーは死への入口、彼岸への招待。
―文系院生のありかたと末路。
―純文とエンターテイメントのカテゴライズと展望。

などについて友人と「ポテンシャルの高い愚民」とか「啓蒙」とか「挫折」とか「逃避」とか、ちょっとイヤ~なキーワードを据えて語らってみたけれど。

―台湾トイレ事情のペーパーと水流の不思議。
―台湾空調サービスの不思議。

などについても同じくらい思いをめぐらす「アハ体験」と「もやもや」の拮抗する週末を過ごした。

展示物Scepterは、現物を三点見てもデコレーションがすさまじすぎて、それがなんだか本来の姿が見当もつかないのだった。靴べらかな、と思ったあと、いやこの欄間みたいな彫の巨大な靴べらはありえない、と思い直して、あと全くわからずじまいに。

=====
*今回ようやく、当ブログの自動リンクのはずし方を知りました。
トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

塩にまつわるジンクス [さ行]

週末、お清めの塩を使う機会がありました。

洋画を見ていると、料理で塩を一つまみとか、豪快に一掴みとかして、鍋やらフライパン料理に放ったあと、手に余った塩を肩越しにえい、えい、と投げるジンクスが出てきます。
あと、塩を入れた容器を倒して塩がこぼれたときとかも、欧米では肩越しに、えい、と塩を放りますよね。

これって東西共通のお清めなんじゃないかな、と思って調べたら、ある意味やっぱりそうでした。
これに関しては、日本より西洋のほうが日常的で神経質ともうけとれる。
塩をこぼす、っていうのは悪行だそうで。聖書時代、塩が貴重だったので、そんな塩をこぼしちゃう、ってことは悪徳の栄えに匹敵する悪事というわけです。

で、その悪事を悪魔に見咎められ、つけいられる隙を見せてはいけないので、肩越しに塩を放り(なんかよけいにもったいなくはないか……)あなたの背後に忍び寄った悪魔に対して目くらましをくらわす、見てんじゃねえよ、これでもくらえ、という意味だそうです。むしろ日本の豆まきに近いか。

日本では、イザナギが黄泉の国を覗いてあわてて戻ってきたときに海水で体を洗ったことから来ているそうですが。

悪魔への目くらましとか、イザナギの海水の禊とか、こういうお話は、既にあった風習の理由付け、後付け、こじつけが多いので、本当の真意がどこに根付くかはまだ謎です。だって悪魔ともあろうものが、塩ごときに、あわわわ、と慌てて逃げ出すとは通常語られる悪魔らしからぬ醜態だもの。


トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

十人十色 [さ行]

これまでにわたくしのところに寄せられた数少ない『黒十字サナトリウム』の感想をまとめると、

一、冒頭の章で引き込まれた。
一、冒頭の章が読みにくかった。

一、湊が嫌い。
一、湊が好き。

一、最後が「?」
一、最後が「!」

一、少女漫画ふうだよね?
一、新青年ふうだよね?

一、長編だ。
一、短編風だ。

……などです。



トラックバック(1) 
共通テーマ: