So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「伊達家の門」の補足と「白雪桜」からのグラデーション [た行]

ちょっと前に書いた続花丸の感想ブログの補足として。

3月末、小金井公園にてサラッと駆け足で花見をした際に、
ちょうど伊達家の門があって、写真に撮った。
今頃になりましたが貼っておきます。
人が映りこまないように撮るので、あまりきちんと撮れていませんが……。
これは間違いなくアニメ「続刀剣乱舞・花丸」の11話に登場した、
伊達家の門のモデルだわ。

IMG_20180329_155626.jpg
IMG_20180329_155706.jpg
IMG_20180329_155711.jpg

大正時代に建てられたとはいえ、
大正時代に建てられた建築物がすべて、大正時代的とは限らないですしね。
過去の伊達家の門を踏襲して、復元する感じで建てたものだったのだろうか。

伊達家の門は、いまやすっかり江戸東京たてもの園に組みこまれていて、
伊達家の門のいわゆる外側正面には、鉄の柵が張りめぐらされていた。
写真はいずれも、外側正面側から撮っています。
(このすぐ外側に柵がある。)

あの周辺で地べたに座って、写生会をさせられた当時を思い起こすと、
正直、わりと衝撃な状態ではある。

ついでに小金井公園の白雪桜も載せておこう。
(今更感は否めないが、ブログは周辺のタイムラインを気にせずアップできるのが強み。)

IMG_20180329_154643.jpg

IMG_20180329_154652.jpg

IMG_20180329_154656.jpg

私の書いた『黒猫ギムナジウム』に白雪桜が出てきます。
白雪桜は完璧に創作だったんですが、違和感なく「ありそう」と思えるよう意識して書いた。
本当に、桜の種類に白雪があるとは、良い線を行っていた……。

黒猫ギムナジウムは明治26年(1893年)から一年間の話なので、
この白雪という種類の桜が、荒川堤で見いだされたよりも、十数年ほど前の話になります。
ただ『黒猫ギムナジウム』に登場する少年少女は、
政府の(というか軍部の……というか鎮守府の)隠密部隊に居るので、
一般に知られるより先んじて、
白雪桜の存在と言い伝え等を継承している者がいても、
けっして無理はない……。

周囲が薄桃色のソメイヨシノが有る中で、
枝ぶりも特徴的で、ひときわ白さが映え、ゾッとする感じで美しかったです。

下は一般的なソメイヨシノ@小金井公園。
実際に見ると白雪桜と相当違って、こちらは中心部からほんのりやさしい薄桃色なのが、
写真でも伝わるかな。

IMG_20180329_155424.jpg

小金井公園にあった桜で一番、紅が強かったのは、
こちら下の写真の小金井薄紅で、一本だけありました。
濃淡が濃くて、
遠目に見ると桜っぽくないが、近くで見てドアップで撮ると色味が映えた。

IMG_20180329_154722.jpg

IMG_20180329_154742.jpg

いずれの写真もクリックすると拡大します。
All Rights Reserved.