So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

霜月騒動って刀剣乱舞がらみで最近知った [最近のお気に入り]


【MMD刀剣乱舞】鶴丸国永は夢を見るか
http://www.nicovideo.jp/watch/sm33606574

この動画見ると、なんだか泣きたくなってくる……感動で。

鶴丸国永と髭切は、ものすごく折り合いが悪そうだと、
かねてより私は勝手に思っており、
お互いに折り合いがつかないのを把握しあって、
大人な感じに距離を取り合ってるなあ……と、いう気がしていた。

双方、白皙に金目、白い衣装の付喪神姿で登場する、古い現存太刀で、
鶴丸は和装で、髭切は洋装。
どっちも本心が今一つわかんない存在感を醸し出しているので、
似た者同士特有の、絶対反りが合わない感じがするのであった。
活撃でも接点ありそうなのに、絶対会話しないし目を合わせる場面ひとつなかったし、
花丸でも同様に……。

この動画を見て、猛烈に腑に落ちたのだった。
そうかそういうことか。

鶴丸国永とほかの刀剣との歴史的変遷を、
こうも情緒豊かにドラマチックに、かつ詩情溢れる繊細な空気感で、
せつせつと見せてくれるなんて。
ほんとに素敵な動画です。

髭切が(婉曲的に)鶴丸を墓から暴くところが、私の吸血鬼嗜好属性に、猛烈に来ますし。
この動画で、なぜ髭切が赤い布を纏いひきずっている場面があるのか、
その隠喩がわからなかったのだが、
髭切には「赤地の錦袋」にまつわる逸話があるんですね。
知らなかったー。

動画の後半、現在「御物」となっている面々と共に、鶴丸が展示されるあたりから、
ヴァーチャル現在(未来)の本丸になって、
因縁のある髭切もふくめ、離ればなれになっていた織田や伊達やらの刀剣と再会し、
縁側のほとりで目覚めるところで、涙腺がゆるみます。
きわめつけは過去のオーバーラップ。
付喪神(物と人の思いから育まれたもの)が、時代を超越していく感じが好きです。



共通テーマ:ゲーム