So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

8月壁紙カレンダー無料配布 [ニュース]

昔から、盛夏が恐いです。
初夏は好きなんですが、盛夏は概念としても、わりと恐怖です。

だいたい日本の夏というと、第二次大戦のイメージが強くて、
実際、戦争実録系のテレビ番組や特番も増えますし、
8月に入ると原爆投下が2度あって、終戦。
そしてお盆……。
死の気配が、強烈な日差しと共に立ちこめてくる。

そもそも戦前から、夏はお盆にまつわる幽霊話とかが豊富な季節なわけで。
花火大会も、夏祭りも、もともと亡者にまつわるあれやこれやに関連して、
発祥しているものが多い。

私がかつて、アニメのエヴァンゲリオンに妙にはまったのも
(……まあ今でも最新映画の情報に色めきだってますよ)、
エヴァの作中世界での季節が常に夏だからである。
あの、盛夏~晩夏の夕焼けを背負って、使徒と不毛な戦争をしているイメージが、
日本の夏が負っているトラウマの再現という感がすごくて、
不穏な情緒と魅力を覚えたのだ。

それが今年は概念以上に、日差しも暑さも尋常じゃなくて、
怖いとかいうレベルじゃおさまらない。

今回カレンダーを作成していて気付いたのだが、
8月11日が祝日って、知ってましたか(知りませんでした……)。
え? 何の日?
というレベルで把握していなかった、私。
周囲の人間に聞いても、
え? 今年からなやつ? 何の日?
というリアクションが多かったのだが、みんな色々と大丈夫か(自分も含め)。

2016年にスタートした山の日らしい。2年たってるよ。
学生であれば夏休み期間だし、社会人であってもお盆休みの手前だし、
しかも最近よくある、割とふわっとした概念の祝日のために、
いまひとつ定着しきっていないんでは、
と言い訳してみる……。

そんなこんなで2018年8月のデスクトップカレンダー、設置しました。
使えそうでしたら、どうぞデスクトップ背景にしてみてください。

2018年8月の絵は、
ご存知、恒例のArthur Rackham作です。
”The Lady and the Lion”というイギリス版「美女と野獣」の挿し絵だったようです。
欧州全般によくあるおとぎ話の要素を色々と盛り込んで、
全体的には、美女と野獣風味の話になっていたようす。

この絵を8月に決めたのは、
8月というと獅子座の月だからと、
後半は9月代表の乙女座に切り替わる時節だからで。
獅子と乙女が歩いている絵なんて、まさにぴったりじゃん、と。

◆ダウンロードの仕方
下記のサムネイル画像をクリックし、原寸大を表示。
右クリックで「デスクトップの背景に設置」で設置完了です。
(あるいは右クリックで「名前をつけて画像を保存」をしてから、壁紙に設定。)

PCのアスペクト比に準じて、使えそうなほうを選んでください。
PCのデスクトップを右クリックして「画面と解像度」の項目を開くと、わかります。

◆1920px×1080px:PNG(3.07MB)
2018 Wallpaper Calendar Aug*
2018 Free Calender Wallpaper fairy vintage1920px×1080px.png
こちら横長ワイド版のデスクトップ向け。

◆1440px×900px:PNG(2.01MB)
2018壁紙カレンダー8月*
2018壁紙カレンダー・無料ダウンロード1440px×900px.png
こちらは従来PCの画面サイズ。

今回も紙版の配布はありません。
期待してくださった方、すみません。

*All Rights Reserved.
無断転載や二次配布を禁じます。


共通テーマ:パソコン・インターネット