So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

10月壁紙カレンダー無料配布 [ニュース]

例年より一箇月ほども早い梅雨明けから続いていた灼熱地獄が、
ようやく収束を迎えて、肌寒くなってきました。
そう、人心地つきたくなってきたところで、
台風ラッシュ。

暦の上では明日から衣替え。
実際、このごろは金木犀の香りもしてきて、
日も短くなってきている時節なのにもかかわらず、
台風一過で真夏日になる予報が待ち受けている。
もう疲れたよパトラッシュ……
ただ平穏に暮らしたい。

そんなこんなで迎える2018年10月、
デスクトップカレンダーを設置しました。
使えそうでしたら、デスクトップ背景にぜひどうぞ。

2018年10月に選んだ絵は、イギリスの挿画家アーサー・ラッカム(1867年-1939年)による、
ギリシャ神話に題材をとった、ダフネの絵。
アポロンがエロスをからかったせいでエロスがブチ切れ、
金の矢をアポロンに、
鉛の矢を近くにいたダフネに射る。
(ダフネにとっては思いっきり、とばっちり。)

金の矢を射られたアポロンはたちまちダフネに一目ぼれ、恋愛依存症に。
いっぽう鉛の矢を射られたダフネは誰であれ拒絶モード炸裂になり、
アポロンにしつこく追い回らされたダフネは、川の神に祈って、
アポロンに捕まりそうになるすんでのところで、月桂樹の木に姿を変える、と。

このギリシャ神話のエピソードを題材にした芸術作品は、絵画や彫刻など数多くあり、
いろんな作家の「俺の考えた最強・最高のダフネ」が多岐にわたり世紀を越えて展開されるなか、
アーサー・ラッカムのダフネは、
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(1598-1680)という彫刻家の「アポロとダフネ」のダフネに、
酷似しているように私には映ります。
参考にしたんじゃないのかな?

関係ないがベルニーニ、当時にして超長生きですね(今知った)。
日本でいうと細川忠興がベルニーニと50年弱、生きている年代が重なっている、同時代の人間。
細川忠興も没年齢83とかで、当時にして相当の長寿なんですよね。
芸術家肌とか究極の趣味人とか、その種の人間は、
夭折か、すごい長寿、どちらかに振り切れている傾向が強い気がします。

このアーサー・ラッカムのダフネを、私が10月のデスクトップの素材に選んだのは、
四季の移り変わり、衣替えの季節を象徴する絵である気がしたからと。
あとは色合いが10月のイメージだったので。

10月の「10」の位置など、
ワイド版と通常版とで微妙に変えています。
そのほうがしっくり馴染むと思った位置にしてみました。
お好みに合えば、デスクトップカレンダーとして使ってください。

◆ダウンロードの仕方
下記のサムネイル画像をクリックし、原寸大を表示。
右クリックで「デスクトップの背景に設置」で設置完了です。
(あるいは右クリックで「名前をつけて画像を保存」をしてから、壁紙に設定。)

PCのアスペクト比に準じて、使えそうなほうを選んでください。
PCのデスクトップを右クリックして「画面と解像度」の項目を開くと、わかります。

◆1920px×1080px:PNG(2.74 MB)横長ワイド版のデスクトップ向け。
2018 Free Calendar Wallpaper Oct*
2018 Free Calender Wallpaper fairy vintage1920px×1080px(Oct).png

◆1440px×900px:PNG(1.73 MB)こちらは従来PCの画面サイズ。
2018壁紙カレンダーOct*
2018壁紙カレンダー・無料ダウンロード1440px×900px(Oct).png

今回も紙版はありません。
カレンダーの紙版は当面、作れる余裕がないかな……。

*All Rights Reserved.
無断転載や二次配布を禁じます。